ドローンレース入門【3】練習編

ドローンレース入門【3】練習編(ドローンレース)

講座概要

設定が終わった機体をいよいよ飛ばしてみましょう!練習方法から飛行のポイントまでわかりやすく学習します。

学習目安時間
4時間
視聴期間
12ヶ月
難易度
ドローンレースをこれから始めたい方向け。
目的
ドローンレース機の飛行練習の基本が学べます。
内容
設定が終わった機体をいよいよ飛ばしてみましょう!練習方法から飛行のポイントまでわかりやすく学習します。
プレビュー動画

受講料

4,000円

消費税

400円


合計

4,400円

バレッドアカデミーでは、講座に附帯するテキスト、パッケージソフトなどの海外発送は行っておりません。予めご了承ください。

講座内容

はじめに
ドローンレース入門シリーズ紹介
ご挨拶
はじめに
FAQ資料集
1章 オンラインドローンレース?
オンラインドローンレースとは?
プロポ接続・設定
Liftoff Simulator on Steam
2章 飛行練習の前に
ドローンレース練習の重要なポイント
飛行前のチェックポイント
3章 飛行練習
練習① 基礎練習
練習② 基本練習
練習③ 応用練習①
練習⑤ レースを想定した練習①
練習⑥ レースを想定した練習②
練習⑦ レースを想定した練習③
練習編 おわりに

講座内容詳細

はじめに

実際の飛行する方法というのはもちろんですが、その前段階の練習をどうやってすればいいか?どういう考えで練習をすればいいかを解説していきます。

練習をする目的というのは様々で、例えばレースに参加して上位を取りたい!優勝したい!というのも1つですし、
ドローンで撮影をするためのスキルアップとしてやりたい!FPVという視点を楽しみたい!っていう人もたくさんいると思います。
自分のスキルレベルが上がれば上がるほど、その楽しみというのは、とても大きくなります。

最初の頃って言うのは、飛ばすことで、いっぱいいっぱいになってしまいます。

どうしても周りの人を気にしたりだとか、クラッシュしないように飛ばせるかなど、飛ばすことを集中しちゃうということがあるので、どんどん練習を重ねれば、いつしか余裕が出来てくるようになります。

自動車の運転と同じように右に切ろうとか、止まろうかとか、というふうに意識をしなくても、今は信号は赤だから止まろうとか、今はスピードを出そうとか、っていうふうに自然にできるように練習をすることによってもっと自然体でフライトをどんどんできるようになってきます。そうすると作品として映像を撮った時でも、とても楽しく面白いものが出来上がると思います。

自分がFPVのゴーグルをかけて飛ばすときの、興奮とか面白みとか絶対に増してくるので、ぜひ練習してスキルをアップして、より面白い「FPVライフ」を体験して欲しいなと思います。

無料公開講座

本講座の一部を無料で公開しております。

講 座
練習④ 応用練習② 5インチスピードレース『視る重要性』

講師紹介

横田 淳

ドローンレーサー / JDRA 副代表

横田 淳

【PROFILE】

株式会社ガイアックスにて社内向けSNS、グループウェアの営業、株式会社ワークスアプリケーションズにて、大規模CRM・EC通販システムのプロジェクトマネジジメント。

エンジニアとしてマーケティングシステム、決済システムを開発。2015年4月に大規模プロジェクト終了後退職。

フリーエンジニアとしてアプリ開発やコンサルティングなどを行う傍ら、ドローンの空撮をきっかけにドローンにはまり、1年で60台以上のドローンを購入し研究、当時最大規模のドローン入門サイト運営。

時速150km出る完全自作のドローンレースに魅了されレース活動開始。

初めて3ヶ月で国内レースで優勝、複数のレースで上位入賞後、日本代表として海外大会出場。

2016年10月に「ドローンレースのプロスポーツ化」を目指して日本ドローンレース協会に参画。全国都道府県でドローンレースや各種イベントを開催。

【著書】

『ドローンレース入門』

撮影協力

空人(sorajin) DRONE FIELD
撮影協力:空人(sorajin) DRONE FIELD
ドローンフィールド相模湖
撮影協力:ドローンフィールド相模湖

この講座に関連する講座

その他の人気講座